公開日: |最終更新日時:

家族信託と遺言の違いとは

家族信託と遺言の違いについて解説しています。遺言は聞いたことあっても、家族信託という仕組みを初めて聞く方もいるかもしれません。言葉と意味はなんとなく知っているが、詳しくはわからない方もいるでしょう。家族信託と遺言の違いなどの基礎知識をご紹介します。

遺言とは

遺言とは、遺言を残す被相続人が誰に財産を残すか意思表示を示すもので、遺言書は、内容を書面にしたものです。遺言書の内容に従い、相続人は財産を分割して相続します。

遺言書は、被相続人の意思であるため、法定相続人以外に財産を残すことも可能です。たとえば、内縁の夫や妻、お世話になった方があげられます。

遺言書は、メモ帳へ適当に書き印鑑もなしだと、法的効力は持ちません。法律で定められた【公正証書遺言】【自筆証書遺言】【秘密証書遺言】の3つから選べます。公正証書遺言と秘密証書遺言は、公証人や証人などが関わるため信頼性は高くなるのです。

自筆証書遺言については、2020年7月10日から法務局に預けられる制度がスタートし、改ざんや紛失のリスクが減っています。

家族信託との違いは

相続時の資産承継先

相続人を誰にするのかについてです。家族信託と遺言で違いはなく自由に指定できます。

二次相続時の資産承継先

二次相続とは、一次相続の次に発生する相続です。たとえば、夫が被相続人で、相続人に妻と子どもがいたとします。夫が亡くなると、配偶者である妻が相続する流れです。この時点だと、1度目の相続のため【一次相続】になります。相続した妻が亡くなったら、次は子どもが相続です。一次相続の次ですから【二次相続】です。しかし、遺言では二次相続で誰に財産を残すかは決められません。一方、家族信託なら、二次相続で「財産を子どもに託す」と指定できます。

生前の財産管理

家族信託は、被相続人の家族が、財産を管理できます。被相続人が認知症になり、判断能力に問題がる場合に有効です。一方、遺言ではできません。被相続人が、遺言を作成し、相続人が内容を知っており、納得していても生前中のため、勝手に管理して処分できないのです。

本人が勝手に内容を変更すること

家族信託は、被相続人だとしても、契約締結後は勝手に変更できません。契約内容の内容を変更したいなら、被相続人と、家族、両方の合意が必要です。一方の遺言は、一旦作成しても被相続人が自由に変更できます。

費用

家族信託は、不動産登記の登録免許税や、公正証書作成費用が必要です。専門家に依頼した場合、目安は総額で60~100万円かかります。遺言は法的に有効な書式なら、費用を抑えられます。専門家に依頼すると、最低10万円、高くて40万円程度です。ただし、内容が複雑になると、50万以上かかる場合もあります。

  橋本
司法書士
事務所

司法書士法人
みつ葉
グループ

福岡の
家族信託
先駆け事務所

司法書士法人
ハートトラスト

遺産相続
サポート
センター

代表自身
が対応
- - -
夜間・早朝
予約可
初回相談
無料
出張相談
- - -