公開日: |最終更新日時:

家族信託の仕組みと種類

家族信託の仕組みを簡単に確認した上で、家族信託の種類として民事信託・個人信託の違いも理解しておきましょう。

家族信託の仕組み

家族信託とは、自分の財産の管理・運用を他者に委託すること。主に家族に委託することから家族信託と言いますが、契約さえ交わせば、もちろん家族以外に委託しても構いません。

まずは、家族信託における主な登場人物、および、それぞれの役割を通じて家族信託の仕組みを理解しましょう。

家族信託の主な登場人物

家族信託には、主に次の三者が登場します。

委託者

信託財産を委託する人。通常、委託者自身が後述の「受益者」を兼ねることになります。

受託者

信託財産の管理や運用を委託される人。後述の「受益者」の利益になるよう、適切に信託財産を管理・運用します。委託者の子供が任される例が多く見られます。

受益者

信託財産から発生する利益を受け取る人。通常は前述の「委託者」が受益者を兼ねますが、契約内容次第では、その他の家族が受益者になることもあります。

民事信託とは

家族信託の分類法には様々な切り口がありますが、「受託者における営利性の有無」という視点から見た場合、家族信託は「民事信託」という分類となります。

民事信託

財産の信託方法を報酬の有無で分類した場合、受託者が「営利性なし」で信託財産の管理・運用を行う方式を「民事信託」と言います。「民事信託」の受託者は、個人でも法人でも構いません。

【参考】商事信託

民事信託に対し、受託者が「営利性あり」で信託財産の管理・運用を行う方式を「商事信託」または「営業信託」と言います。信託業法という法律のもと、信託銀行や信託会社が、信託報酬を得ることを目的にサービスを行っています。

個人信託とは

信託の主体が個人であるか法人であるかを基準とした場合、家族信託は「個人信託」という分類となります。

個人信託

財産を信託する主体が個人である場合を、「個人信託」と言います。家族信託の場合、通常、財産を信託する主体は個人となるため、大半は「個人信託」に分類されます。

【参考】法人信託

財産を信託する主体が法人である場合を、「法人信託」と言います。企業における証券代行業務や従業員のための年金運用などは、法人信託の代表的な例となります。

  橋本
司法書士
事務所

司法書士法人
みつ葉
グループ

福岡の
家族信託
先駆け事務所

司法書士法人
ハートトラスト

遺産相続
サポート
センター

代表自身
が対応
- - -
夜間・早朝
予約可
初回相談
無料
出張相談
- - -