公開日: |最終更新日時:

家族信託の流れ

家族信託を行う上では必要な工程があります。家族信託の流れを工程に沿ってまとめましたので参考にしてみてください。

家族信託の手続きの流れ

家族信託の目的を決める

家族信託を行う上では、どのような目的で家族信託をするのかを考えることが大切です。家族信託では、所有不動産の活用方法を明確に決めたい時・家族が認知症になってしまった時や遺産相続で家族同士が争わないようにする対策として役に立ち、状況に合わせて活用できる制度です。そのため、どのような目的で家族信託を利用するのかをしっかりと決めておきましょう。

家族信託について家族で話し合う

家族同士で話し合って家族信託を行う目的を決めたら、家族信託の内容を決めていくことになります。家族信託の目的を進める上では遺言や任意後見などの制度と比べてみて、家族信託が本当に最適な方法かというのも、相続の知識や実務経験がある専門家を交えてしっかりと考えておくと安心です。
家族信託で進めていくと決めたら、内容を決めていきます。誰を受託者として財産の管理や運用・処分を依頼するか、それによって得た利益は誰のものにするか、信託監督人の有無・受託者が亡くなってしまった時のことなどを決めていきましょう。

話し合った内容をもとに契約書を作成する

家族信託の契約内容を決めたら、家族信託の内容を「信託契約書」に記載します。受託者に任せる財産や家族信託の効力が発生する範囲をはっきりとさせることで委託者・受託者の財産などについて分けることができます。信託契約書は文章として内容が残るため、一つ一つの条文が家族信託の内容に大きな影響を与えます。内容は、慎重に決めていきましょう。

信託契約書は必ずしも公正証書である必要はありませんが、公証人が確認するため誤字や表記間違いが無くなります。公証人が本人の意思を確認することになるので、後でトラブルになってしまうリスクも減らせるでしょう。また、信託契約書が万が一なくなってしまっても再発行してもらえたり、金融機関で信託口座の作成がスムーズになったりというメリットもあるので、公正証書にするのがおすすめです。

財産の名義を移す

信託財産として不動産がある場合は、信託契約を結んだ後に不動産の所在地を管轄している法務局で登記申請を行って名義変更を行わないといけません。
家族信託に関する不動産の名義変更はとても難しいため、多くの実務経験を積んだ司法書士へ依頼することが大切です。

財産管理用の口座を開設する

家族信託で管理する信託財産に今も預金がある場合には、信託契約を結んだ後に「信託専用の口座」へスピーディにお金を移さないといけません。それは受託者には自分自身の財産と信託財産を分けて管理しないといけないためです。信託されたお金は、信託専用の口座で管理することになります。委託者の預金口座に預けられているお金はそのままだと受託者で管理できません。そのため、委託者の預金口座から信託専用口座に移し替えないといけません。

家族信託の手続きを無駄にしないために

家族信託を個人で行う人もたくさんいますが、知識が不十分なまま行うとトラブルになってしまうリスクがあります。トラブルをできるだけ回避するためには家族信託の実績が豊富な専門家のサポートを受けることが大切です。

  橋本
司法書士
事務所

司法書士法人
みつ葉
グループ

福岡の
家族信託
先駆け事務所

司法書士法人
ハートトラスト

遺産相続
サポート
センター

代表自身
が対応
- - -
夜間・早朝
予約可
初回相談
無料
出張相談
- - -