公開日: |最終更新日時:

家族信託にかかる費用

家族信託を専門家に依頼する場合、さまざまな費用が必要になります。
ここではどのような費用が発生するのかという内訳や金額感について解説します。
家族信託を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

家族信託にかかる費用はどれくらい?

家族信託にかかる費用の相場としてはおおよそ50万円~100万円と言われています。
これは司法書士や弁護士などの専門家に依頼した場合の概算ですが、相談・コンサルティング料や信託契約書・公正証書の作成費用・手数料、登記にかかる登録免許税などが必要になります。
これらの費用の内容やそれぞれの相場については次の項目で説明します。

家族信託にかかる費用の内訳

コンサルティング

1億円以下の信託財産であれば価格の1%、1億円超3億円以下なら価格の0.5%程度が相談・コンサルティングに対する費用水準です。
一般的には30万円~80万円程度となることが多いようです。

信託契約書の作成費用

信託契約書は家族信託において必要不可欠な書類になります。
専門家が信託契約書を作成する場合の費用は10万円~15万円程度です。

信託契約書を公正証書にする場合の費用

作成した信託契約書に法的効力を持たせるため、公証人に費用を支払い公正証書の作成をします。
契約内容や財産額によっても変わりますが、3万円~10万円程度が相場と言われています。

登録免許税と登記費用

信託財産に不動産が含まれている場合、不動産価格の1000分の4に相当する額を法務局へ納めます。
専門家に登記を依頼する場合は別途報酬が必要になりますが、最低でも10万円~15万円程度はかかります。

信託口座開設時の手数料

家族信託を行うにあたっては金融機関の口座開設手数料が必要になります。
金融機関によっても異なりますが、これは5万円~10万円程度かかります。

信託監督人や代理人を置く場合の手数料

信託財産の管理・運用が適切に行われているかを監視する信託監督人や受益者を代理する代理人を置く場合、別途手数料が必要になります。
こちらも対応する専門家によって異なりますが、月額1万円程度が一般的なようです。

家族信託にかかる費用をおさえるには

家族信託にかかる費用は、ポイントを押さえておくことにより節約することができます。
具体的には、

といったことをすることにより、各費用を削ることが可能です。
自分たちでできることとできないことの選別・検討を行い、専門家に依頼することを極力減らすことができれば費用を抑えることが可能になります。

  橋本
司法書士
事務所

司法書士法人
みつ葉
グループ

福岡の
家族信託
先駆け事務所

司法書士法人
ハートトラスト

遺産相続
サポート
センター

代表自身
が対応
- - -
夜間・早朝
予約可
初回相談
無料
出張相談
- - -