公開日:|最終更新日時:

家族信託の基礎知識

家族信託とは、自分の不動産や預貯金などの管理や処分を、家族に任せる財産管理の仕組みです。例えば自分自身が認知症になり、介護施設に入居することになったとします。入居費用の不足が心配される場合、財産管理を任せられた家族は本人に介入なしに、家を売却や賃貸などにして資金を調達することが可能です。弁護士に依頼する場合のように、高額な報酬を払う必要もなく気軽に利用できる制度です。

家族信託に課税される税金とは

家族信託の手続きをする上で、司法書士等の専門家に対する報酬が発生することはイメージできるものの、各種の税金がかかる可能性があることは、なかなかイメージできないかもしれません。

たとえば、受益者には贈与税や相続税、所得税、住民税、譲渡所得税などが課税される可能性があります。また受託者には、登録免許税や固定資産税、不動産取得税などが課税される可能性があります。

課税されることが判明してから慌てることのないよう、あらかじめ可能性のある税金の種類を理解しておくようにしましょう。

家族信託に課税される税金とは

家族信託における信託管理人と信託監督人とは

家族信託における信託管理人とは、現存しない受益者(主に、これから生まれる予定の子供)の利益を守る人のこと。また信託監督人とは、現存する受益者(かつ、精神疾患などで判断能力が低下している受益者)の利益を守る人のことを言います。どちらも役割はほぼ同じですが、「受益者が現存するかしないか」という点が大きな違いとなります。

なお、受託者や未成年者、成年被後見人などは信託管理人・信託監督人になることができません。

家族信託における信託管理人と信託監督人とは

家族信託と生命保険信託は何が違う?

生命保険信託とは、保険会社から支払われる委託者の死亡保険金の管理を、信託銀行が代行するサービスのこと。保険金の受取人が信託銀行となり、あらかじめ決められたタイミング・金額が、信託銀行から指定の口座へと振り込まれるサービスです。保険金を相続する家族の資産管理に不安が残る場合(引きこもりや精神疾患など)、安心して資産管理してもらえるサービスとして注目されています。

家族信託と似ている面もありますが、生命保険の死亡保険金しか取り扱えない点が、生命保険信託と家族信託の大きな違いです。

家族信託と生命保険信託は何が違う?

家族信託で遺留分対策はできる?

自分の資産を相続させたくない親族がいる場合、遺留分請求を回避するための何らかの方法を模索する人がいるようです。その方法の一つとしてよく検討されるのが家族信託。しかしながら、結論から言うと、家族信託で遺留分対策はできない、と考えたほうが良いでしょう。

ある地裁の判決によると、遺留分請求を目的に家族信託をすることは公序良俗に反するため、家族信託そのものが無効になる、とされています。法律違反ではないものの、事後的に遺留分侵害請求が認められる可能性が高いと考えて置いたほうが良いでしょう。

家族信託で遺留分対策はできる?

家族信託の仕組みと種類

家族信託の仕組みを理解するためには、まず「委託者」「受託者」「受益者」という三者の登場人物の立ち位置を理解することが大事。「委託者」とは財産を委託する人、「受託者」とは委託された財産の管理をする人、「受益者」とは委託された財産の利益を受け取る人を指します。通常、「委託者」と「受益者」は同じ人になります。

なお、多くの場合「受託者」は委託者の子供となりますが、この委託・受託関係には営利目的がないことから、「商事信託」ではなく「民事信託」という種類に分類されます。また「委託者」は個人であることから、「法人信託」ではなく「個人信託」という種類に分類されます。

家族信託の仕組みと種類

家族信託の注意点

家族信託を行うにあたり、契約前にいくつかの注意点を理解しておく必要があります。

たとえば、信託財産に含まれる収益物件などから損失が生じた場合、その損失を他の利益と損益通算することはできません。また、信託財産から年間3万円以上の収益が生じた場合、税務署に各種書類をまとめて提出する必要があるなど、受託者に少なからぬ手間が発生します。

家族信託を行う場合には、のちのトラブルを防止する意味でも、関係者全員がそれらの注意点を十分に理解しておく必要があるでしょう。

家族信託の注意点

家族信託の同意権者・指図権者とは

信託財産の管理・運用を任されているのは受託者ですが、その受託者の管理・運用方針に対し、同意権や指図権を持つ人のことを、同意権者・指図権者と言います。

委託者の判断能力が十分にある一方で、受託者の判断能力が経験不足等で未熟な場合には、委託者自身が同意権者・指図権者となることは、とても有効です。

ただし、同意権者・指図権者に余りに大きな権限が集中してしまうと、受託者の存在意義が薄れてしまったり、家族信託を選択した意味自体が揺らいでしまったりするかもしれません。力関係のバランスを考えつつ同意権者・指図権者を設定すべきでしょう。

家族信託の同意権者・指図権者とは

家族信託にかかる費用

家族信託にかかる費用としては50万円~100万円が目安となります。内訳はコンサルティング費用・信託契約書の作成費用・信託契約書を公正証書にする費用・登録免許税と登記費用・信託口座開設時の手数料などがあります。信託監督人や代理人を置く場合は、手数料として月額1万円程度支払う必要も出てきます。家族信託の費用を抑えるには信託契約書を自分で作成したり公正証書ではなく一般書面(私署証書)にしたりするなど、自分でできる範囲で工夫することが大切です。

家族信託にかかる費用

家族信託のメリット・デメリット

家族信託のメリットとしては、本人が元気なうちに財産の管理や処分について決めることができ、本人が残す財産から利益を受ける権利を継がせる人を家族信託で決めておくと、遺言効果として法律上で有効になったり、成年後見人よりも柔軟に財産管理することができるといったものがあります。

デメリットとしては信託財産となる不動産に関しては信託財産以外の所得と損益通算や純損失の繰り越しをすることができない、税務申告が複雑になるといったことがあるので注意しましょう。

家族信託のメリット・デメリット

認知症の備えとしての家族信託

症状が進まないうちに速やかに家族信託の手続きを進めていく必要があるため、豊富な経験を有するプロへ相談することが望ましいです。

家族信託契約は発症後に資産凍結されない・節税できるなどの有効性があります。 家族信託には契約者の判断能力があるかどうかが問われます。親がすでに認知症を発症していて、物事の判断力が低下してしまった場合は家族信託契約を結べなくなってしまいます。認知症対策として家族信託を利用したい場合は、親の判断力が低下してしまう前に話し合いと契約締結をしておきましょう。

認知症の備えとしての家族信託

実のある家族信託セミナーの選び方

実務経験の多い講師が行っていて、実例紹介や資料配布・セミナー後に個別相談が可能なセミナーを選ぶのがおすすめです。家族信託はまだ歴史が浅く、経験が長い講師があまり多くありません。50件以上の実績があるかどうかを1つの目安にして、プロフィールもチェックしておきましょう。また、家族信託についてセミナーで話を聞いただけで理解するのは難しいため、実際の事例の紹介や個別相談に対応・資料も配布してもらえるセミナーを選ぶことでより知識を深めることができます。

実のある家族信託セミナーの選び方

家族信託が失敗するケースやトラブルについて

認知症対策として有効な家族信託ですが契約したら安心ということではなく、場合によってはトラブルや失敗などに発展してしまう事もあります。具体的には自分で作成した契約書が無効なものであったり思っていた以上に税金がかかってしまったり家族信託できない財産が有ったりすることなどがあるので注意が必要です。

家族信託は複雑で難しいため、契約書や税金・法律などの知識が必要になることもあるので、早めに専門家に相談しておきましょう。

家族信託が失敗するケースやトラブルについて

家族信託の受託者は法人化できる?

受託者が不在のまま1年間が経過したときや受託者と受益者が同一である状態で1年間が経過したときは、家族信託が終了となってしまうことがあります。法人化することで急に終了してしまう事を避けることができ、受託者を変更する際に不動産や口座の名義変更の手間を省けるというメリットがあります。

法人化すると税務関係が難しくなるため、専門家の力が必要になる場面が増えます。税理士をはじめとした専門家への報酬や法人住民税が発生するため、家族信託の受託者を法人化するためにはそれなりの資金が必要になるデメリットがあります。

家族信託の受託者は法人化できる?

家族信託に課税される税金とは

家族信託の手続きをする上で、司法書士等の専門家に対する報酬が発生することはイメージできるものの、各種の税金がかかる可能性があることは、なかなかイメージできないかもしれません。

たとえば、受益者には贈与税や相続税、所得税、住民税、譲渡所得税などが課税される可能性があります。また受託者には、登録免許税や固定資産税、不動産取得税などが課税される可能性があります。

課税されることが判明してから慌てることのないよう、あらかじめ可能性のある税金の種類を理解しておくようにしましょう。

家族信託に課税される税金とは

家族信託における信託管理人と信託監督人とは

家族信託における信託管理人とは、現存しない受益者(主に、これから生まれる予定の子供)の利益を守る人のこと。また信託監督人とは、現存する受益者(かつ、精神疾患などで判断能力が低下している受益者)の利益を守る人のことを言います。どちらも役割はほぼ同じですが、「受益者が現存するかしないか」という点が大きな違いとなります。

なお、受託者や未成年者、成年被後見人などは信託管理人・信託監督人になることができません。

家族信託における信託管理人と信託監督人とは

家族信託と生命保険信託は何が違う?

生命保険信託とは、保険会社から支払われる委託者の死亡保険金の管理を、信託銀行が代行するサービスのこと。保険金の受取人が信託銀行となり、あらかじめ決められたタイミング・金額が、信託銀行から指定の口座へと振り込まれるサービスです。保険金を相続する家族の資産管理に不安が残る場合(引きこもりや精神疾患など)、安心して資産管理してもらえるサービスとして注目されています。

家族信託と似ている面もありますが、生命保険の死亡保険金しか取り扱えない点が、生命保険信託と家族信託の大きな違いです。

家族信託と生命保険信託は何が違う?

家族信託で遺留分対策はできる?

自分の資産を相続させたくない親族がいる場合、遺留分請求を回避するための何らかの方法を模索する人がいるようです。その方法の一つとしてよく検討されるのが家族信託。しかしながら、結論から言うと、家族信託で遺留分対策はできない、と考えたほうが良いでしょう。

ある地裁の判決によると、遺留分請求を目的に家族信託をすることは公序良俗に反するため、家族信託そのものが無効になる、とされています。法律違反ではないものの、事後的に遺留分侵害請求が認められる可能性が高いと考えて置いたほうが良いでしょう。

家族信託で遺留分対策はできる?

家族信託の仕組みと種類

家族信託の仕組みを理解するためには、まず「委託者」「受託者」「受益者」という三者の登場人物の立ち位置を理解することが大事。「委託者」とは財産を委託する人、「受託者」とは委託された財産の管理をする人、「受益者」とは委託された財産の利益を受け取る人を指します。通常、「委託者」と「受益者」は同じ人になります。

なお、多くの場合「受託者」は委託者の子供となりますが、この委託・受託関係には営利目的がないことから、「商事信託」ではなく「民事信託」という種類に分類されます。また「委託者」は個人であることから、「法人信託」ではなく「個人信託」という種類に分類されます。

家族信託の仕組みと種類

家族信託の注意点

家族信託を行うにあたり、契約前にいくつかの注意点を理解しておく必要があります。

たとえば、信託財産に含まれる収益物件などから損失が生じた場合、その損失を他の利益と損益通算することはできません。また、信託財産から年間3万円以上の収益が生じた場合、税務署に各種書類をまとめて提出する必要があるなど、受託者に少なからぬ手間が発生します。

家族信託を行う場合には、のちのトラブルを防止する意味でも、関係者全員がそれらの注意点を十分に理解しておく必要があるでしょう。

家族信託の注意点

家族信託の同意権者・指図権者とは

信託財産の管理・運用を任されているのは受託者ですが、その受託者の管理・運用方針に対し、同意権や指図権を持つ人のことを、同意権者・指図権者と言います。

委託者の判断能力が十分にある一方で、受託者の判断能力が経験不足等で未熟な場合には、委託者自身が同意権者・指図権者となることは、とても有効です。

ただし、同意権者・指図権者に余りに大きな権限が集中してしまうと、受託者の存在意義が薄れてしまったり、家族信託を選択した意味自体が揺らいでしまったりするかもしれません。力関係のバランスを考えつつ同意権者・指図権者を設定すべきでしょう。

家族信託の同意権者・指図権者とは

家族信託にかかる費用

家族信託にかかる費用としては50万円~100万円が目安となります。内訳はコンサルティング費用・信託契約書の作成費用・信託契約書を公正証書にする費用・登録免許税と登記費用・信託口座開設時の手数料などがあります。信託監督人や代理人を置く場合は、手数料として月額1万円程度支払う必要も出てきます。家族信託の費用を抑えるには信託契約書を自分で作成したり公正証書ではなく一般書面(私署証書)にしたりするなど、自分でできる範囲で工夫することが大切です。

家族信託にかかる費用

家族信託のメリット・デメリット

家族信託のメリットとしては、本人が元気なうちに財産の管理や処分について決めることができ、本人が残す財産から利益を受ける権利を継がせる人を家族信託で決めておくと法律上で有効にすることも可能、成年後見人よりも柔軟に財産管理することができるといったものがあります。

デメリットとしては信託財産となる不動産に関しては信託財産以外の所得と損益通算や純損失の繰り越しすることができない、税務申告が複雑になるといったことがあるので注意しましょう。

家族信託のメリット・デメリット

認知症の備えとしての家族信託

症状が進まないうちに速やかに家族信託の手続きを進めていく必要があるため、豊富な経験を有するプロへ相談することが望ましいです。

家族信託契約は発症後に資産凍結されない・節税できるなどの有効性があります。 家族信託には契約者の判断能力があるかどうかが問われます。親がすでに認知症を発症していて、物事の判断力が低下してしまった場合は家族信託契約を結べなくなってしまいます。認知症対策として家族信託を利用したい場合は、親の判断力が低下してしまう前に話し合いと契約締結をしておきましょう。

認知症の備えとしての家族信託

実のある家族信託セミナーの選び方

実務経験の多い講師が行っていて、実例紹介や資料配布・セミナー後に個別相談が可能なセミナーを選ぶのがおすすめです。家族信託はまだ歴史が浅く、経験が長い講師があまり多くありません。50件以上の実績があるかどうかを1つの目安にして、プロフィールもチェックしておきましょう。また、家族信託をセミナーで話を聞いただけで理解するのは難しいため、実際の事例の紹介や個別相談に対応・資料も配布してもらえるセミナーを選ぶことでより知識を深めることができます。

実のある家族信託セミナーの選び方

家族信託が失敗するケースやトラブルについて

認知症対策として有効な家族信託ですが契約したら安心ということではなく、場合によってはトラブルや失敗などに発展してしまう事もあります。具体的には自分で作成した契約書が無効なものであったり思っていた以上に税金がかかってしまったり家族信託できない財産が有ったりすることなどがあるので注意が必要です。

家族信託は複雑で難しいため、契約書や税金・法律などの知識が必要になることもあるので、早めに専門家に相談しておきましょう。

家族信託が失敗するケースやトラブルについて

家族信託の受託者は法人化できる?

受託者が不在のまま1年間が経過したときや受託者と受益者が同一である状態で1年間が経過したときは、家族信託が終了となってしまうことがあります。法人化することで急に終了してしまう事を避けることができ、受託者を変更する際に不動産や口座の名義の手間を省けるというメリットがあります。

法人化すると税務関係が難しくなるため、専門家の力が必要になる場面が増えます。税理士をはじめとした専門家への報酬や法人住民税が発生するため、家族信託の受託者を法人化するためにはそれなりの資金が必要になるデメリットがあります。

家族信託の受託者は法人化できる?

  橋本
司法書士
事務所

司法書士法人
みつ葉
グループ

福岡の
家族信託
先駆け事務所

司法書士法人
ハートトラスト

遺産相続
サポート
センター

代表自身
が対応
- - -
夜間・早朝
予約可
初回相談
無料
出張相談
- - -